Flower essence/フラワーエッセンス

 

フラワーエッセンスとは、

植物のエネルギーを太陽の光とエネルギー・バイブレーションを綺麗な湧き水にうつしとったもの・あるいは熱によって

うつしとったものです。

それらを保存のブランデーを加えたものです。(メーカーによってはアルコール成分がないタイプもあります)

いわゆる太陽と植物の波動水です。だからアロマテラピーの精油とは異なります。

花や植物(例外に水もある)のエネルギーが人々の魂に働きかけ心身ともに健康に幸福になるためのレメディです。

 

1930年 イギリスの細菌学者であり医師のエドワード・バッチ博士が自らの苦悩の体験と天命をかけて考案されました。

もともと、最新の医療の現場にいたバッチ博士でしたが「人が病気になる根本的な原因は心の不調から生ずる」という思いにかられ

ホメオパシー(homeopathy)の考えを発展させもっと人に優しい癒しの方法として確立されました。

元来、人が持っている性格や気質を表している「12ヒーラーズ」、慢性的に絶望感疲労感などの症状を癒す為の「7ヘルパーズ」

「セカンド19」という日常の中で直面する感情や精神の問題を癒すフラワーエッセンスの38種からなっています。

バッチ博士自身、「不安と絶望」「酷い頭痛・神経痛」に悩まされた時期があり「頭がおかしくなるのでは・・・」

と壮大な仕事のプレッシャーと戦っていた時期に花のもつ不思議な力によって癒された経験があるそうです。

 

        汝、自らを癒せ

                       エドワード・バッチ博士

 

フラワーエッセンスはお年寄りから子供まで全ての方に穏やかで優しく作用する自然療法です。

(※医師の治療をお受けになっている方、その他アルコールなどのアレルギーがある方は必ず専門医にご相談が必要です)

 

 

CELESTE BLUE MOON のセッションでは主にHealingharbs社のフラワーエッセンスを使用しております。

 

  • お電話でのセッション

  • 対面でのセッション

  • メールでのセッション

  • 各セッションにはオリジナルボトルを一本お作りいたします。 

 

   セッションのお申し込みはこちら